DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 010 教育学部・教育学研究科 > 010 紀要 > 長崎大学教育学部紀要. 自然科学 > 第67号 >

ハマボウ(アオイ科)の記載の歴史およびその語源について


ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00000045846.pdf1.05 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: ハマボウ(アオイ科)の記載の歴史およびその語源について
その他のタイトル: History of the description of Hibiscus hamabo Siebold et Zucc.(Malvaceae) and etymology of its Japanese name.
著者: 中西, 弘樹
著者(別表記) : Nakanishi, Hiroki
発行日: 2002年 6月28日
引用: 長崎大学教育学部紀要. 自然科学. vol.67, p.19-26; 2002
抄録: Hibiscus hamabo Siebold et Zucc. grows on salt marsh habitats in southwestern Japan. The plant has beautiful flowers and it has been often planted along roadsides and in park in these days. The history of the description of the plant and the etymology of its Japanese name were studied. The plant had firstly described in some horticultural books such as Ito (1695) in the early Edo period and later described and illustrated in some Honzo-sho, herbals. Botanical description was never done until Siebold & Zuccarini (1838-50) and Iinuma (1856-). The Japanese name Hamabo may be derived from Hama-hau which means beach-prostrating.
キーワード: description / Edo period / etymology / Hibiscus hamabo / history
URI: http://hdl.handle.net/10069/6112
ISSN: 13451359
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第67号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/6112

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace