DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 010 教育学部・教育学研究科 > 010 紀要 > 長崎大学教育学部紀要. 自然科学 > 第68号 >

木材切削工具の切れ味測定と切れ味評価(XXIII) : 木材切削における切削抵抗と工具すくい面上の切屑接触長さの変動(川尻 伸也 教授退官記念)


ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00004167693.pdf600.84 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 木材切削工具の切れ味測定と切れ味評価(XXIII) : 木材切削における切削抵抗と工具すくい面上の切屑接触長さの変動(川尻 伸也 教授退官記念)
その他のタイトル: Studies on Quantification of Sensuous Sharpness and Mechanical Sharpness of Wood Cutting Tools. XXIII. : On the Variation of the Cutting-Force Component and the Chip-Tool Contact-Length in Orthogonal Cutting of Wood
著者: 杉山, 滋
著者(別表記) : Sugiyama, Shigeru
発行日: 2003年 3月26日
引用: 長崎大学教育学部紀要. 自然科学. vol.68, p.15-21; 2003
抄録: In order to make clear the cutting mechanisms which are related to cutting forces, tool wear, properties of veneer and so on, a more systematic research under actual cutting conditions should be carried out. For that purpose, it is important and necessary to make clear the actual variations of the cutting force components and the contact length on the interface between the tool and the chip in orthogonal wood cutting. In the present paper, their variations are measured under various cutting conditions.
URI: http://hdl.handle.net/10069/6119
ISSN: 13451359
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第68号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/6119

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace