DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 010 教育学部・教育学研究科 > 010 紀要 > 長崎大学教育学部紀要. 自然科学 > 第68号 >

単板剥ぎ取り機械に関する研究(XXIII) : フリッチの断続ロータリーカット方式における単板高速切削現象の変化に及ぼす切削速度の影響を解明するための高速切削実験装置の試作(川尻 伸也 教授退官記念)


ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00004167695.pdf483.67 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 単板剥ぎ取り機械に関する研究(XXIII) : フリッチの断続ロータリーカット方式における単板高速切削現象の変化に及ぼす切削速度の影響を解明するための高速切削実験装置の試作(川尻 伸也 教授退官記念)
その他のタイトル: Studies on Veneer Cutting Machine (XXIII) : Cutting Apparatus for Studies upon Effects of Cutting Velocity on Cutting Phenomena in Rotary Veneer Cutting of Flitch
著者: 杉山, 滋
著者(別表記) : Sugiyama, Shigeru
発行日: 2003年 3月26日
引用: 長崎大学教育学部紀要. 自然科学. vol.68, p.29-34; 2003
抄録: Experiments have been performed by many researchers on the effects of cutting velocity on the process of wood machining, and it is known that these results differ from each other according to the kind of wood-working machines used, in the experiments. For instance, some results show practically no effect on cutting force, whereas others show a curve with a minimum value of cutting force at some velocities, or a gradual decrease with an increase in cutting velocity. In order to obtain fundamental data on the effects of cutting velocity on chip formation, cutting force and frictional coefficient, an experimental apparatus was designed for cutting tests (Fig. 1). The range of cutting velocity (V) employed in these tests were from 0.0023 to 52.53 m/sec. The depth of cut (feed of tool per revolution of a steel disk) was varied from 0.3 to 0.7 mm by varing the speed of the feed carriage in combination with two variable-speed motors and some pulleys (Fig. 1).
URI: http://hdl.handle.net/10069/6121
ISSN: 13451359
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第68号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/6121

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace