DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 010 教育学部・教育学研究科 > 010 紀要 > 長崎大学教育学部紀要. 自然科学 > 第72号 >

単板剥ぎ取り機械に関する研究(XXVIII) : 単板の傾斜送り二次元切削における工具すくい面の切削応力分布および摩擦係数について(2)(菅原民生・椛島成治・福山豊・樋口精一郎教授退官記念)


ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00004167752.pdf436.64 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 単板剥ぎ取り機械に関する研究(XXVIII) : 単板の傾斜送り二次元切削における工具すくい面の切削応力分布および摩擦係数について(2)(菅原民生・椛島成治・福山豊・樋口精一郎教授退官記念)
その他のタイトル: Studies on Veneer Cutting Machine (XXVIII) : On the Stress Distribution and the Frictional Coefficient on the Tool Rake-Face in Veneer Cutting (2)
著者: 杉山, 滋
著者(別表記) : Sugiyama, Shigeru
発行日: 2005年 3月28日
引用: 長崎大学教育学部紀要. 自然科学. vol.72, p.11-15; 2005
抄録: This report clarifies the effects of the inclination angle of the workpiece upon the stress distribution and the frictional coefficient on the interface between the tool rake - face and the veneer in veneer cutting. The main results were : (1) The distributions of the frictional (τ) and normal (σ) stresses on a rake face showed a increasing tendency in both stresses towards the cutting edge. These stresses can be expressed by Eq.(4). Using the values of the coefficients (α_τ, α_σ) in Eq.(4) and exponents (β_F, β_N) in Eq.(3), the variations of these stress distributions with cutting conditions (I, t_n) and workpiece conditions were clarified (Figs. 4 and 5). (2) The frictional coefficient (μ_<max>) was constant within a rake face. It was concluded that μ_<max> changes with the cutting conditions (I, t_n) and the workpiece conditions (Fig. 6).
URI: http://hdl.handle.net/10069/6140
ISSN: 13451359
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第72号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/6140

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace