DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 010 教育学部・教育学研究科 > 010 紀要 > 長崎大学教育学部自然科学研究報告 > 第58号 >

ルテニウム複核錯体被覆電極を用いた有機スズ化合物の電気化学的微量検出 : トリブチルスズ化合物の定性的分析


ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00000136341.pdf568.03 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: ルテニウム複核錯体被覆電極を用いた有機スズ化合物の電気化学的微量検出 : トリブチルスズ化合物の定性的分析
その他のタイトル: Detection of Organotin Compound at the Trace Level by Voltammetric Method with Binuclear Ruthenium Complex Coated Electrode
著者: 星野, 由雅
著者(別表記) : Hoshino, Yoshimasa
発行日: 1998年 3月25日
引用: 長崎大学教育学部自然科学研究報告. vol.58, p.15-22; 1998
抄録: The electrochemical behavior of tributyltin (IV) chloride in 20% (v/v) methanol-water medium at the trace level has been investigated by differential pulse anodic stripping voltammetry with a bare glassy carbon (GC) electrode and a binuclear ruthenium complex, (μ-1,1,6,6-tetraacetyl-2,4-hexadiynato) bis[bis (2,2,6,6-tetramethyl-1,3-heptanedionato) ruthenium (III)], coated GC electrode. The tin compound exhibited an anodic peak at -0.70 V vs. Ag/AgCl on the voltammogram with the coated electrode, but the corresponding peak was not observed with the bare electrode. This is the first example of detection for organotin compounds by voltammetric methods without an Hg electrode.
URI: http://hdl.handle.net/10069/6179
ISSN: 0386443X
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第58号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/6179

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace