DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 010 教育学部・教育学研究科 > 010 紀要 > 長崎大学教育学部自然科学研究報告 > 第58号 >

単板剥ぎ取り機械に関する研究 (IV) : ロータリー単板切削における単板厚さ初期薄剥け現象と単板厚さ動的平衡の解析


ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00000136346.pdf424.49 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 単板剥ぎ取り機械に関する研究 (IV) : ロータリー単板切削における単板厚さ初期薄剥け現象と単板厚さ動的平衡の解析
その他のタイトル: Studies on Veneer Cutting Machine (IV) : An Analysis on Development of Dynamic Equilibrium Condition of Veneer Thickness in Rotary Veneer Cutting
著者: 杉山, 滋
著者(別表記) : Sugiyama, Shigeru
発行日: 1998年 3月25日
引用: 長崎大学教育学部自然科学研究報告. vol.58, p.67-72; 1998
抄録: The transitional phenomenon of veneer thickness in successive cuts is, as pointed out by R. B. Hoadley in his reports, due to the the deflections caused in wood by pressure bar compression. In the previous report, these compressive deflections were determined experimentally, and in the present report, this transitional phenomenon was analyzed on the base of these experimental results.
URI: http://hdl.handle.net/10069/6184
ISSN: 0386443X
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第58号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/6184

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace