DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 010 教育学部・教育学研究科 > 010 紀要 > 長崎大学教育学部自然科学研究報告 > 第59号 >

住居の空間構成に関する研究 : 単位空間の両義性について


ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00000136358.pdf435.82 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 住居の空間構成に関する研究 : 単位空間の両義性について
その他のタイトル: A study on the spatial structure of house : about a ambiguity of apatial unit
著者: 佐々野, 好継
著者(別表記) : Sasano, Yoshitsugu
発行日: 1998年 6月
引用: 長崎大学教育学部自然科学研究報告. vol.59, p.41-48; 1998
抄録: Purpose of this paper is making it clear that there are three constitution units in the middle of unit of space that is constituted of house space, and extracts elements of constitution respectively. It means a new proposal planning method on house planning by application of nothingness-space, including the recognition of space on modern house planning that whole house space is constituted of the couple of parts-unit-space. The finding are as follows. 1. three constitution units on spatial stucture of house : (1) whole-unit-space (abstract space). (2) combination-unit-space (3) parts-unit-space (entity-space). 2. three constitution elements of house space : (1)void. (2) space-room. void-space. void-room. (3) space. room. House planning is expressed by combination of space element.
URI: http://hdl.handle.net/10069/6191
ISSN: 0386443X
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第59号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/6191

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace