DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 080 水産学部 > 080 紀要 > 長崎大学水産学部研究報告 > 第82号 >

中深層プランクトンに対する二酸化炭素の急性影響実験の試み


ファイル 記述 サイズフォーマット
82-123.pdf117.18 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 中深層プランクトンに対する二酸化炭素の急性影響実験の試み
著者: 渡辺, 雄二 / 石田, 洋 / 石坂, 丞二
著者(別表記) : Watanabe, Yuji / Ishida, Hiroshi / Ishizaka, Joji
発行日: 2001年 3月
出版者: 長崎大学水産学部
引用: 長崎大学水産学部研究報告 v.82 p.123-127 , 2001
抄録: It is important to examine effects of high pressure CO2 to deep-sea plankton in order to consider CO2 oceanic sequestration as one of possible mitigation options of atmospheric CO2 increase. In this preliminary study, we collected living zooplankton from 500 - 1,500m deep with a thermally insulated cod end and exposed the zooplankton to high concentration of CO2. Increase of mortality was observed with rising of CO2 concentration and prolongation of exposure. Most of the animals died by fifth day at 20,000ppm of CO2. Half lethal doses were estimated and compared with previously reported mortality due to low pH generated by mineral acid.
URI: http://hdl.handle.net/10069/6546
ISSN: 05471427
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第82号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/6546

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace