DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 060 工学部・工学研究科 > 060 学術雑誌論文 >

低圧軸流送風機の共鳴騒音に関する研究 : 丸棒の位置、回転数および翼先端形状の影響


ファイル 記述 サイズフォーマット
kikaiB477_2131.pdf2.25 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 低圧軸流送風機の共鳴騒音に関する研究 : 丸棒の位置、回転数および翼先端形状の影響
その他のタイトル: Resonance Tone Generated by Low Pressure Axial Flow Fans : Effects of Rod Location, Rotational Frequency and Blade Tip Profile on Resonance Tone
著者: 児玉, 好雄 / 深野, 徹
著者(別表記) : Kodama, Yoshio / Fukano, Tohru
発行日: 1986年 5月25日
出版者: 日本機械学会
引用: 日本機械学會論文集. B編 52(477) p.2131-2136 1986
抄録: 70% of the blade passing frequency and is correlated by a Strauhal number as f = S_t. W_D, where S_t = 0.2 and W is the relative velocity. D is the characteristic length, which is without exception equal to the integer multiple of 0.0078 t, where t is the blade pitch.">Resonance tone is minimized by reducing the tip clearance, say less than about 1 mm. Even in these conditions it occurs with a sufficiently high level if a rod is attached near the leading edge on the suction surface of the blade, as well as if a part of the blade tip is cut off. The fundamental resonance frequency, f, is about 60
キーワード: Fluid MachinelResonance TonelFan NoiselAxial Flow FanlTip ClearancelBlade Tip Profile
URI: http://hdl.handle.net/10069/6723
ISSN: 03875016
資料タイプ: Journal Article
原稿種類: publisher
出現コレクション:060 学術雑誌論文

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/6723

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace