DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 060 工学部・工学研究科 > 060 紀要 > 長崎大学工学部研究報告 > 第37巻 第68号 >

尾道市の観光バリアフリー事情 車いす生活者の視点からの検証を軸として


ファイル 記述 サイズフォーマット
37_68_07.pdf207.83 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 尾道市の観光バリアフリー事情 車いす生活者の視点からの検証を軸として
その他のタイトル: Assessment of the Current Status of Barrier-Freeness for the Tourists Visiting Onomichi City from the Viewpoint of Wheel Chair User
著者: 森, 正 / 後藤, 惠之輔
著者(別表記) : Mori, Tadashi / Gotoh, Keinosuke
発行日: 2007年 2月
出版者: 長崎大学工学部
引用: 長崎大学工学部研究報告Vol.37(68) p.61-66, 2007
抄録: Recently, tourist spots in the whole country are taking measures to incorporate barrier-freeness in order to reduce fall in the number of visitors. This is also to invite aged and disabled persons having lower importance as customers so far. But this initiative would be welcomed by the aged and disabled persons. Accordingly, this study aimed at assessing the status of barrier-freeness on these tourist spots by taking Onomichi City as a case, which is also a slope city like Nagasaki. The findings of the investigation revealed that, in the tourist spots of Onomochi City there are problems such as: separate route for aged and disabled persons, lack of restroom facilities etc. This paper concluded with the suggestions to make the tourist spots barrier-free from the viewpoint of wheel-chair user.
キーワード: unified display / public transportation authority / rest room / accessibility / hospitality
URI: http://hdl.handle.net/10069/6767
関連リンク : http://www.lb.nagasaki-u.ac.jp/reports/kougaku/preview.php?id=43
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第37巻 第68号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/6767

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace