DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 060 工学部・工学研究科 > 060 紀要 > 長崎大学工学部研究報告 > 第37巻 第68号 >

道路トンネル変状予測モデルの検討と補強工法効果の評価への適用


ファイル 記述 サイズフォーマット
37_68_09.pdf797.34 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 道路トンネル変状予測モデルの検討と補強工法効果の評価への適用
その他のタイトル: Simulation Models for Tunnel Convergence Prediction and Appraisement of Different Reinforcement Methods
著者: 蒋, 宇静 / 棚橋, 由彦 / 川田, 晶仁
著者(別表記) : Jiang, Yujing / Tanabashi, Yoshihiko / Kawata, Masahito
発行日: 2007年 2月
出版者: 長崎大学工学部
引用: 長崎大学工学部研究報告Vol.37(68) p.73-82, 2007
抄録: The time-dependent features of soft rock and the deterioration of tunnel lining would influence tunnel convergence significantly in a long-term design of tunnel construction and maintenance. Using the classic creep model (Burgers model) and strength deterioration model, this paper discusses the mechanics of tunnel deformation in a long period by numerical simulations. Comparing with the in-site monitor data, a rational model as well its necessary parameters can be determined. Based on the proposed model, the effect of deferent reinforcement methods in the tunnel lining maintenance is discussed, and some suggestions for the tunnel lining design are also proposed in this paper.
キーワード: tunnel convergence / time-dependency / creep / strength deterioration / maintenance
URI: http://hdl.handle.net/10069/6769
関連リンク : http://www.lb.nagasaki-u.ac.jp/reports/kougaku/preview.php?id=45
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第37巻 第68号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/6769

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace