DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 020 経済学部・経済学研究科 > 020 紀要 > 經營と經濟 > 第84巻 第4号 >

近代の認識形式としての視覚優位性 : 視覚と空間・主体/客体・知・表象を中心として


ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00004433169.pdf1.56 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 近代の認識形式としての視覚優位性 : 視覚と空間・主体/客体・知・表象を中心として
その他のタイトル: Visiocentrism as a Dominant Perceptual Form in Modernity : Visuality and Space, Subject/Object, Knowledge, and Representation
著者: 丸山, 真純
著者(別表記) : Maruyama, Masazumi
発行日: 2005年 3月25日
引用: 經營と經濟. vol.84(4), p.109-138; 2005
抄録: それにしても,地球化を語る上で,注意しておかなければならない点がある。それは,人種,民族,国民を歴史的に不変の単位としてあらかじめ想定する習癖である。この習癖に従うと,世界は「地方的(ローカル)」で永続的な人種や民族,国民といった特殊な同一性と「地球的(グローバル)」で絶えず変化する普遍的な国際的動向とに二極化され,地球化は国民の「外から」やって来ることになるだろう。地球化に反対するためには,国民の内側にたてこもり,「外から」やってくる地球化の波をいかに防ぎ止めるかという図式から発想することになり,地球化を批判的に倹討することは,不可避的に,国民主義擁護となってしまう。(論壇:「地球化」と国民幻想の逆説21世紀の入り口で2,酒井直樹,朝日新聞,2001年1月3日)人間が得る外部の情報の95パーセント以上が視覚によるものだといわれています。そのことを裏付ける文化がこの300年かけて築かれてきたのだといえます。これは,単に一生物の情報受容ということだけでなく,ヴィジュアルを利用した政治から文化にいたる「制度」の大問題でもありました。その制度基盤を端的に「近代」と呼ぶことができるように思います。(『表象の芸術工学』高山宏,55ページ,2002年) / This paper explores visiocentrism as a dominant perceptual mode in modernity, with particular attention to the development of perspective as a means to mirror reality as itself, and its implications for other aspects of modernity. First, the development of perspective provides a framework of subject as an observer/viewer and object as an observed/viewed, which creates a sense of ego or I. Second, perspective creates space between the subject and the object, and regards the space as homogeneous, absolute, and mathematically measurable and calculatable. Third, the relationship of the viewing/the viewed leads to the notion of viewing as knowing in which science (original meaning of which is to know) is conducted as objective discovery of reality. Forth, knowledge and power is discussed in terms of Subjectivism or Anthropocentrism and subject as an object, which perspective entails. The last section of this paper seeks to integrate the discussion of perspective and its implications through Heidegger's idea of World Picture.
キーワード: modernity / visiocentrism / perspective
URI: http://hdl.handle.net/10069/6804
ISSN: 02869101
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第84巻 第4号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/6804

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace