DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 020 経済学部・経済学研究科 > 020 紀要 > 長崎大学経済学部研究年報 > 第20巻 >

ステイクホルダー思考の解明


ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00004438664.pdf1.23 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: ステイクホルダー思考の解明
その他のタイトル: Unfolding Stakeholder Thinking
著者: 高岡, 伸行
著者(別表記) : Takaoka, Nobuyuki
発行日: 2004年 3月25日
引用: 長崎大学経済学部研究年報. vol.20, p.37-51; 2004
抄録: Carroll (1995, p.71) has argued that 'stakeholder thinking is a powerful way of visualizing organizations and their social responsibilities'. In general, we agree to his view. However, there are two styles in stakeholder thinking. It includes intrinsic stakeholder thinking and strategic stakeholder one. Each style quite differs in how to identify stakeholders, especially nature of identified stakeholders, and how to deal with the identified stakeholders. Which styles of thinking are useful for visualizing the social responsibilities in businesses? This paper unfolds the constitution of stakeholder thinking to provide a compass to the question.
キーワード: intrinsic stakeholder thinking / strategic stakeholder thinking / diversity and treatment of stakeholders
URI: http://hdl.handle.net/10069/6884
ISSN: 09108602
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第20巻

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/6884

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace