DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 020 経済学部・経済学研究科 > 020 紀要 > 長崎大学経済学部研究年報 > 第22巻 >

財政赤字の持続可能性と構造変化 : 日本の長期統計を用いた分析


ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00004438689.pdf1.23 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 財政赤字の持続可能性と構造変化 : 日本の長期統計を用いた分析
その他のタイトル: The Sustainability and Structural Break of Government Deficits : An Analysis with Japanese Long-term Data
著者: 工藤, 健
著者(別表記) : Kudo, Takeshi
発行日: 2006年 3月24日
引用: 長崎大学経済学部研究年報. vol.22, p.61-77; 2006
抄録: In this paper we test the Japanese government deficits sustainability and examine the fiscal discipline by estimating a Markov-switching model. From the results of our analysis, we can say that the government deficits are not sustainable at the first-order, but sustainable at the second-order. The fiscal discipline was hardly kept in sample period, though some exceptions are there. We need to keep the fiscal surpluses by several years to recover the discipline.
キーワード: government deficits sustainability / fiscal discipline / Markov-switching regressions
URI: http://hdl.handle.net/10069/6893
ISSN: 09108602
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第22巻

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/6893

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace