DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 020 経済学部・経済学研究科 > 020 学術雑誌論文 >

生命保険募集におけるモラル・リスクの研究-事前審査にかかるインセンティブの観点からの検討-


ファイル 記述 サイズフォーマット
JJRA13_111.pdf184.72 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 生命保険募集におけるモラル・リスクの研究-事前審査にかかるインセンティブの観点からの検討-
その他のタイトル: Optimal Wage Schedule When a Life Underwriter Has Multiple Tasks
著者: 大倉, 真人
著者(別表記) : Okura, Mahito
発行日: 2002年 6月
出版者: 日本リスク研究学会
引用: 『日本リスク研究学会誌』第13巻第2号 pp.111-117 2002.6
抄録: This paper investigates the wage schedule of a life underwriter with multiple tasks. A life insurance company desires life underwriters to effort not only to sell insurance products but also to monitor an insured. It concludes that every life insurance companies should weaken the incentive intensity of volume on her wage schedule in order to prevent to commit an insurance fraud
キーワード: insurance fraud / selections of risk / multitask principal-agent model / incentive intensity
URI: http://hdl.handle.net/10069/6922
ISSN: 09155465
資料タイプ: Journal Article
原稿種類: author
出現コレクション:020 学術雑誌論文

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/6922

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace