DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 020 経済学部・経済学研究科 > 020 学術雑誌論文 >

食品不正表示問題の経済学的分析


ファイル 記述 サイズフォーマット
JJRA14_66.pdf199.93 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 食品不正表示問題の経済学的分析
その他のタイトル: An Economic Analysis of “False-labeling”
著者: 大倉, 真人
著者(別表記) : Okura, Mahito
発行日: 2003年11月
出版者: 日本リスク研究学会
引用: 『日本リスク研究学会誌』第14巻第2号 pp.66-70 2003.11
抄録: The purpose of this article is to investigate “false-labeling”. This was revealed at the beginning of 2002. Some Japanese meat packers deceived consumers by labeling imported beef as Japanese beef. They could put false labels on their beef because many consumers cannot tell the differences between imported and Japanese beef. Asymmetric information in meat quality between consumers and the meat packers is the main cause. The article provides a simple model of meat quality including asymmetric information by using the game theoretical approach. This model explains the phenomenon that the lower the beef value becomes, the higher the possibility of false labeling becomes.
キーワード: "False-labeling" / Game theoretical approach / Asymmetric information with quality
URI: http://hdl.handle.net/10069/6923
ISSN: 09155465
資料タイプ: Journal Article
原稿種類: author
出現コレクション:020 学術雑誌論文

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/6923

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace