DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 070 環境科学部 > 070 学術雑誌論文 >

Fens and bogs in the Galapagos Islands


ファイル 記述 サイズフォーマット
hikobia.pdf4.17 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: Fens and bogs in the Galapagos Islands
その他のタイトル: ガラパゴス諸島の湿原
著者: Itow, Syuzo / Weber, Daniel
発行日: 1974年 9月
出版者: 広島植物研究会(ヒコビア会)
引用: Hikobia 7, pp.39-52; 1974
抄録: 1. The Sphagnum-bearing plant communities were studied ecologically on Islas San Cristobal, Santa Cruz, San Salvador and Isabela of the Galapagos Islands. Sphagnum cuspidatum Ehrh. var. serrulatum Schlieph. was collected from the first two of the above-mentioned islands (new record for San Cristobal). Sph. eryihrocalyx Hampe was collected from the four islands (new for San Salvador and Isabcla).  2. The Sphagnum-bearing communities were found only in the highland areas that receive abundant precipitation. They can be classified into fen, raised bog and vertical bog. 3. The fens are found in shallow depressions that are filled with water or drenched. It is characterized by Sph. cuspidatum var. serrulatum. 4. The raised bogs are shaped like an upset watchglass, to which the water is supplied only in the form of rain or drizzle. Sph, erythrocalyx is dominant in the vegetation. 5. The vertical bogs are seen on vertical or nearly vertical cliffs that are hit and moistened by droplets or moisture-saturated air driven by the southeast trade wind. The vertical bogs are restricted to the cliffs facing to south and southeast. The bog formation is basically made up by Sph. erythrocalyx. 6. Topographic maps of the Santa Cruz highland and southern Isabela were compiled for the present and future studies of the vegetation. / ガラパゴス諸島は,東太平洋の赤道下,南東貿易風帯の中にある。ミズゴケを生ずる湿原は,4つの島(サンクリストパル・サンタクルス・サンサルバドル・イザベラ南部)の海抜500m以上の高地に限られる。そこは南東貿易風の影響をもっとも強く うけて,乾期(5-12月)にも雨期(1-4月)と同じように,雨または霧雨によって水分が供給される。調査により,次の結果を得た。1.Sphagnum cuspidatum Ehrh.var.serrulatum Schlieph.はサンクリストパル島(新記録)とサンタクルス島に,Sphagnum elythrocalyx Hampe は前記の4島(うちサンサルバドル島とイザベラ島は新記録)に生ずる。 2. ミズゴケを生ずる湿原群落は,立地・群落形態・種組成から,低層湿原・高層湿原・垂直湿原(新称)に分類され,いずれも高地に生ずる。 3. 低層湿原は,斜面上部から水が流下する浅い凹地に発達し, Sph.cuspidatum var.serrulatumによって特徴づけられる。 4. 高層湿原はSph.erythrocalyxに特徴づけられる。ミズゴケ生育に基本的な水分は降水(雨または霧雨)によって供給される。本種の小隆起とSph.cuspidatumの小凹地の複合するものもあり,充分に発達したものでは時計皿状の形状をなす。サンタクルス島高地では,低い火口の底にも発達している。 5. 垂直湿原は,垂直またはほとんど垂直な崖状地形にのみ発達する。高層湿原と同じく, Sph.erythrocalyxによって特徴づけられるほか,他の構成者もほとんど共通する。垂直湿原は,すべて南または南東向きの崖にあり,南東貿易風が運ぶ水分飽和に近い空気または,それから凝結した水滴,および雨や霧雨が直接に吹きつけ,それによってミズゴケ生育の水分が供給されている。南または南東に向いている火口内壁によくあらわれる。 6. サンタクルス島高地およびイザベラ島南部の地形図を,クリノメーターを使用して作図した。
URI: http://hdl.handle.net/10069/7355
ISSN: 00467413
資料タイプ: Journal Article
原稿種類: publisher
出現コレクション:070 学術雑誌論文

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/7355

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace