DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 100 教養部 > 100 紀要 > 長崎大学教養部紀要 自然科学篇 > 第38巻 第1号 >

総説:日韓海峡域の植物と植生の地理学


ファイル 記述 サイズフォーマット
BulFLNS38_25.pdf4.57 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 総説:日韓海峡域の植物と植生の地理学
その他のタイトル: A review of phyto- and vegetation geography in the Japan-Korea Strait region
著者: 伊藤, 秀三
著者(別表記) : Itow, Syuzo
発行日: 1997年 9月
引用: 長崎大学教養部紀要 自然科学篇 38(1), pp.25-51; 1997
抄録: Five patterns in plant distribution in the Japan-Korea Strait region were proposed and discussed. They are 1) Tshushima landbridge endemics, 2)continental elements, 3) Japan elements, 4) southern elements, and 5) norther elements. Their distributions are given in individual maps. Downward deflection in altitudinal distribution was studied in several species of conifers (e.g. Abies firma, Torreya nucifera, Cephalotaxus harringtonia) and cooltemperate zone plants (e.g. Sorbus alnifolia, Carpinus laxiflorum, Ilex macropoda) in Tsushima and Oki Islands, in comparison with those in the wetsern Kyushu mainland. Distributions of plant communities and associations hitherto described and reported were studied in the Japan-Korea Strait region.
URI: http://hdl.handle.net/10069/7361
ISSN: 02871319
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第38巻 第1号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/7361

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace