DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 100 教養部 > 100 紀要 > 長崎大学教養部紀要 自然科学篇 > 第34巻 第1号 >

対馬・龍良山の照葉樹林の研究IV.スダジイ/イスノキ林における林冠ギャップ部位の林床植生


ファイル 記述 サイズフォーマット
BulFLNS34_51.PDF3.13 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 対馬・龍良山の照葉樹林の研究IV.スダジイ/イスノキ林における林冠ギャップ部位の林床植生
その他のタイトル: Studies in the evergreen broad-leaved forest of Tatera Forest Reserve,Tsushima,Japan.IV.Ground vegetation of canopy gaps.
著者: 伊藤, 秀三 / 中西, 弘樹 / 川里, 弘孝
著者(別表記) : Itow, Syuzo / Nakanishi, Hiroki / Kawasato, Hirotaka
発行日: 1993年 7月30日
出版者: 長崎大学教養部
引用: 長崎大学教養部紀要 自然科学篇. 1993, 34(1), p.51-64
抄録: Phytosociological and transect studies were carried out on the ground vegetation of canopy gaps in the Castanopsis/Distylium forest of the Tatera Forest Reserve,Tsushima.Gap indicators detected were(herbaceous)Gymnostemma pentaphyllum,Paederia scandens,and Miscanthus sinensis,(woody)Zanthoxylum ailanthoides,Idesia japonica,Rhus succedanea,Morus bombycis,Broussonetia papyrifera,and(liana)Actinidia arguta,Lonicera hypoglauca,Berchemia racemosa var. magna,and Ampelopsis brevipedunculata.In the gaps studied,Trachelospermum asiaticum,Anodendon affine,Kadzura japonica and Dryopteris erythrosora,which are members of natural forests,showed high coverage due to increased light intensity.Seedlings of Castanopsis cuspidata var.sieboldii and Dendropanax trifidus also increased in number in the ground vegetation of those canopy gaps.
URI: http://hdl.handle.net/10069/7412
ISSN: 02871319
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第34巻 第1号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/7412

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace