DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 070 環境科学部 > 070 紀要 > 長崎大学総合環境研究 > 第9巻 第1号 >

大村湾水質環境に関わるステークホルダーの価値構造と環境評価法の政策利用


ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00004725334.pdf1.38 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 大村湾水質環境に関わるステークホルダーの価値構造と環境評価法の政策利用
その他のタイトル: Value Structure of Stakeholder Concerning to the Water Quality at Omura Bay and its Application to the Environmental Policy
著者: 姫野, 順一 / 山下, 禎治 / Himeno, Junichi / Yamasita, Teiji
著者(別表記) : Himeno, Junichi / Yamasita, Teiji
発行日: 2006年11月 1日
引用: 長崎大学総合環境研究. 2006, 9(1), p. 31-46
抄録: This paper clarifies the value structure of the stakeholder who is related to the water quality of the closing sea area Omura Bay at Nagasaki Prefecture, by both considerations of the environmental action investigation and the CVM research executed about the water quality of Omura Bay. Stakeholder is composed with four cities and six towns having totally 275, 000 people. It also clarifies the meaning and the problem of the environmental evaluation method in this case, furthermore, examines the environment policy of the Omura bay water quality conservation.
キーワード: 環境評価 / 大村湾水質 / CVM / ステークホルダー / 価値構造
URI: http://hdl.handle.net/10069/9762
ISSN: 13446258
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第9巻 第1号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/9762

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace