DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 070 環境科学部 > 070 紀要 > 長崎大学総合環境研究 > 第9巻 第1号 >

コリオリの力と角運動量保存則


ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00004725336.pdf354.81 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: コリオリの力と角運動量保存則
その他のタイトル: Coriolis Force and Conservation of Angular Momentum
著者: 後藤, 信行 / 冨塚, 明 / Goto, Nobuyuki / Tomizuka, Akira
著者(別表記) : Goto, Nobuyuki / Tomizuka, Akira
発行日: 2006年11月 1日
引用: 長崎大学総合環境研究. 2006, 9(1), p. 59-62
抄録: 角運動量の保存則は、回転体が剛体のときのみだけでなく、物体が回転しながら、内力によって収縮する場合のように、慣性モーメントが一定でない場合にも成り立つが、それを説明するのは難しい。しかし、コリオリの力を理解すれば、回転体が伸縮する場合の角速度の変化を直感的に説明できる。大学物理の大抵の教科書には、コリオリの力や遠心力などのみかけの力と角運動量の保存則とは独立に記述されている。一見、無関係と思える両者を結びつけ、回転座標系における、みかけの力から角運動量の保存則を導くことを試みる。
キーワード: コリオリの力 / 角運動量 / 回転運動
URI: http://hdl.handle.net/10069/9764
ISSN: 13446258
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第9巻 第1号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/9764

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace