DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 030 医学部 > 030 紀要 > 保健学研究 > 第19巻 第1号 >

文献からみた国内におけるカンガルーケアの方法


ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00004750683.pdf478.37 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 文献からみた国内におけるカンガルーケアの方法
その他のタイトル: The Method and Results of Kangaroo Care in Japan ; Search of Literature
著者: 大石, 美寿々 / 浅田, 祥子 / 黒木, 恵美 / 伊達, 香菜子 / 三山, 智世 / 中尾, 優子
著者(別表記) : Oishi, Misuzu / Asada, Sachiko / Kuroki, Emi / Date, Kanako / Miyama, Chiyo / Nakao, Yuko
発行日: 2006年
引用: 保健学研究. 2006, 19(1), p. 21-26
抄録: 医学中央雑誌で検索した原著論文64編を用い,各施設で行われているカンガルーケアの方法及び効果の実態を調査した結果,以下のことが明らかになった.1.カンガルーケアの定義として,「児と親の肌と肌が直接接触するように抱く」がいえる.2.低出生体重児・成熟児双方において,「呼吸の安定」はカンガルーケア実施の必須項目といえる.3.実施時間,持続時間,抱き方に一定の基準はない.4.カンガルーケアの発祥地ボゴタで行われた当初に比較し,多方面での効果が明らかになっている.日本では特に,愛着形成において効果的であることが示唆される. / The following observations were drawn from many original papers on the subject of Kangaroo Care : 1. The definition of Kangaroo Care is care that involves direct parent-child skin contact. 2. Breathing stability is an indispensable element of the Kangaroo Care of normal and low birth-weight babies. 3. There are no standards with regard to enforcement time, maintenance time or how a baby should be held. 4. The purpose of Kangaroo Care has been slowly changing since its inception in Bogota, Columbia. The effect of Kangaroo Care has been suggested as being important in parent-child attachment formation, especially in Japan.
キーワード: カンガルーケア / 愛着形成 / 低出生体重児 / Kangaroo Care / attachment formation / low birth-weigh infant
URI: http://hdl.handle.net/10069/9773
ISSN: 18814441
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第19巻 第1号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/9773

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace