DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 030 医学部 > 030 紀要 > 保健学研究 > 第19巻 第1号 >

4年制看護大学3年次編入生が感じる問題


ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00004750685.pdf507.45 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 4年制看護大学3年次編入生が感じる問題
その他のタイトル: Obstacles to Study of Third-Year-Entry Students at a Four-Year Nursing University
著者: 東岡, 典子 / 吉田, 真由美 / 阪本, 惠子
著者(別表記) : Higashioka, Noriko / Yoshida, Mayumi / Sakamoto, Keiko
発行日: 2006年
引用: 保健学研究. 2006, 19(1), p. 37-42
抄録: 看護系大学の編入学は学部の途中から入学するため,既修得単位の換算方法などが個々の学生に応じて行われる.その実施内容は大学によって差があり,様々な方法がとられ,編入生のカリキュラム構成や事務手続きなども各大学で異なる.看護学科編入経験者である筆者の一人は,履修したい科目が履修できない等の問題を強く感じていた.そこで,本研究では,編入生が感じる問題をあきらかにすることによって,編入生の就学への支援を検討する基礎的データとして提供する.了解が得られたB大学看護学科1~4期生の編入生を対象にインタビューを実施し,その内容を逐語化し分析した.その結果,6つのカテゴリー,すなわち,1)事務関係のサポート不足,2)編入生にかかる実習ユニフォームの経済的負担,3)カリキュラム編成への不満,4)講義内容,選択のしかたに関する困難さ,5)実習時期や指導に関する問題,6)編入生は大学に短大3年と大学2年の計5年間在籍 : 1年間のロスタイム,を抽出した.なお,それぞれのカテゴリーには複数のサブカテゴリー,計19項目で構成された.今回の研究で,編入生のガイダンスやオリエンテーションの重要性,学習意欲の低下の懸念,学習ニードの多様化等があきらかになり,柔軟性のある編入学制度が必要であることが示唆された. / Entry into nursing-related universities at year-levels other than first-year may be granted to continuing students who have taken nursing courses at other institutions, depending on recognition of already completed course credits. The methods and administrative procedures of such entry, and the nature of the curriculum for continuing students, vary from university to university. One of the authors of this article was a third-year entrant to the Department of Nursing at University B, and had a strong sense of some of the obstacles involved in such study. Consequently, the purpose of this paper is to highlight and discuss the obstacles to study experienced by continuing students. The subjects of the study were 3^<rd>-year entrants to the Department of Nursing at University B. An interview with the students was carried out, transcribed and analyzed. From the analysis we abstracted six categories of obstacles : 1) insufficient administrative support ; 2) financial burden on the students of procuring uniforms for practicums ; 3) dissatisfaction with the nature of the curriculum ; 4) obstacles with the content of classes and the method of choosing classes ; 5) obstacles with the timing and supervision of practicums ; 6) Time loss : by the excessive amount of time spent as an undergraduate. These major categories comprised nineteen separate subcategories. This research highlights the importance of guidance and orientation for continuing students, the risks to study motivation, and the diversity of study needs. It also indicates the need for a more flexible system of entry to nursing universities at levels other than first-year.
キーワード: 看護大学 / 看護学科 / 編入学制度 / 編入生からみた就学上の問題 / Nursing University / Department of Nursing / Continuing Student System / Perceived by Obstacles to Study
URI: http://hdl.handle.net/10069/9775
ISSN: 18814441
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第19巻 第1号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/9775

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace