DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 030 医学部 > 030 紀要 > 保健学研究 > 第19巻 第2号 >

児童虐待の歴史的背景と定義


ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00004750698.pdf485.29 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 児童虐待の歴史的背景と定義
その他のタイトル: A historic background and definition of child abuse
著者: 花田, 裕子 / 永江, 誠治 / 山崎, 真紀子 / 大石, 和代
著者(別表記) : Hanada, Hiroko / Nagae, Masaharu / Yamazaki, Makiko / Oishi, Kazuyo
発行日: 2007年
引用: 保健学研究. 2007, 19(2), p. 1-6
抄録: 本稿は,児童虐待の歴史的な変遷および児童虐待の定義について概観する.児童虐待は,わが国においても1990年代以降は特殊な家族環境で発生する問題ではないことが広く認識されるようになった.児童虐待問題は,歴史的な変遷を経て関連法が大きな変革期を迎えている.児童虐待は諸外国ではChild AbuseとChild Maltreatmentの両者の用語が用いられているが,Child Maltreatmentは80年代に生態学的な観点から児童虐待を捉えることが提唱された用語でChild Abuseより広く使われている.子どもの心理社会的な発達は,親だけではなく子どもの取り巻く環境からの影響は大きく,今後はChild Maltreatmentの概念の導入や生態学的な研究が児童虐待問題に必要となってくると考えられる.
キーワード: 児童虐待 / 歴史 / 定義
URI: http://hdl.handle.net/10069/9780
ISSN: 18814441
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第19巻 第2号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/9780

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace