DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 030 医学部 > 030 紀要 > 保健学研究 > 第19巻 第2号 >

潜在的児童虐待リスクスクリーニング尺度の基準関連尺度による信頼性・妥当性


ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00004750705.pdf678.74 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 潜在的児童虐待リスクスクリーニング尺度の基準関連尺度による信頼性・妥当性
その他のタイトル: The reliability and validity of Child abuse risk Potential screening scale
著者: 花田, 裕子 / 永江, 誠治 / 大石, 和代 / 本田, 純久
著者(別表記) : Hanada, Hiroko / Nagae, Masaharu / Oishi, Kazuyo / Honda, Sumihisa
発行日: 2007年
引用: 保健学研究. 2007, 19(2), p. 51-58
抄録: 育児ストレスは,重要な虐待要因であることは多くの研究結果が示している.日本の研究では,まだ潜在化している児童虐待リスクと育児ストレスとの関連性を検証している研究は少ない.本研究は,研究者が開発を進めている潜在的児童虐待リスクスクリーニング尺度の基準関連妥当性の検証を育児ストレス尺度(Parenting Stress Index : PSI)によって行い,潜在的児童虐待リスクと育児ストレスの関連性を明らかにすることを目的とした.対象は,2つの幼稚園の通園児の母親152名を解析対象とした.母親の年齢は,平均33.9歳(23-43 SD=4.0).母親の虐待傾向養育態度尺度得点は52(29-74)であった.児童虐待リスクスクリーニング尺度得点は72(29-105)であった.PSIの総合得点は,平均値186(120-148)であった.児童虐待リスクスクリーニング尺度と母親の虐待傾向養育態度尺度のSpearmanの相関係数は,0.45(P<0.01)であり,開発時の0.41とほぼ同じ結果となり中程度の相関が認められ再現性が確認された.児童虐待リスクスクリーニング尺度とPSIの合計得点とのSpearmanの相関係数は-0.61(P<0.01)と高い相関が認められた. / A lot of research results show that the parenting stress is an important child abuse factor. In the research of Japan, the research to verify the relation between the child abuse risk and the parenting stress still made potential is a little. This research aimed to verify validity related to the standard of the potential child abuse risk screening scale to which the researcher was advancing development according to the parenting stress Index (PSI), and to clarify the relation between the potential child abuse risk and the parenting stress. The object made 152 mothers of the expert kindergartener in two kindergartens an analytical object. Mother's age is 33.9 years old (23-43 SD=4.0). The mother's cruelty tendency upbringing attitude standard score was 52 (29-74). The child abuse risk screening scale score was 72 (29-105). An integrated score of PSI was mean value 186 (120-148). The correlation 0.45 (P<0.01) the correlation coefficient of Spearman of the child abuse risk screening scale and mother's cruelty tendency upbringing attitude standard, and becoming almost the same result as 0.41 when developing was admitted and reproducibility was confirmed. As for the child abuse risk screening scale and the correlation coefficient of Spearman with the total score of PSI, -0.61 (P<0.01) and a high correlation were admitted.
キーワード: 児童虐待 / 育児ストレス / リスク因子 / 母親 / 幼児 / Child Abuse / Parenting Stress / Risk Factor / Mother / Infant
URI: http://hdl.handle.net/10069/9787
ISSN: 18814441
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第19巻 第2号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/9787

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace