DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 030 医学部 > 030 紀要 > 保健学研究 > 第19巻 第2号 >

産褥期の乳頭損傷に対するピアバーユの有効性について


ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00004750706.pdf288.34 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 産褥期の乳頭損傷に対するピアバーユの有効性について
その他のタイトル: The effectiveness of Pia Baryu on nipple damage during postpartum
著者: 原, 恵子 / 中尾, 優子 / 山本, 直子 / 大石, 和代
著者(別表記) : Hara, Keiko / Nakao, Yuko / Yamamoto, Naoko / Oishi, Kazuyo
発行日: 2007年
引用: 保健学研究. 2007, 19(2), p. 59-63
抄録: 産後に生じた乳頭損傷に対し,ピアバーユが有効であるかを検討した.乳頭損傷を起こした褥婦56名の乳頭の観察を行い,乳頭損傷内容が一致した33名の母親の片側の乳頭に母乳を,対側の乳頭にバーユを塗布した.その結果,12名の褥婦が研究期間内に両側ともバーユを選択し,両側に母乳を選択したものは認められなかった.また,バーユ塗布開始群は母乳塗布開始群に比較し5日目,6日目に両側に疼痛の自覚状況が有意に改善していた.しかし,疼痛の性状については両群間に有意の差はなかった.ピアバーユは乳頭損傷の疼痛の自覚状況に対して有効であることが示唆された. / In this report we examined the effectiveness of the topical ointment Pia Baryu on nipple damage. Mother's milk was applied to one of 33 puerperant women's damaged nipples, while Pia Baryu was applied to the other. Both nipples were carefully observed during the trial. During the trial 12 women requested application of Pia Baryu to both nipples, though no mother's chose to apply mother's milk to both. Pia Baryu shortened sharp nipple pain significantly, while mother's milk no impact, we therefore suggested Pia Baryu as an effective way to reduce pain in damaged nipples.
キーワード: 乳頭損傷 / 乳頭亀裂 / バーユ / nipple damage / nipple crack / Baryu
URI: http://hdl.handle.net/10069/9788
ISSN: 18814441
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第19巻 第2号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/9788

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace