DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 020 経済学部・経済学研究科 > 020 紀要 > 東南アジア研究年報 > 第48集 >

ASEAN・東アジアにおける中間財貿易の循環的連結構造 : 1990-1995-2000年アジア国際産業連関表による分析


ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00004725224.pdf2.87 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: ASEAN・東アジアにおける中間財貿易の循環的連結構造 : 1990-1995-2000年アジア国際産業連関表による分析
その他のタイトル: Segmentalized Vertical Specialization Share in ASEAN and East Asia Trade : An Asian International Input-Output Analysis, 1990-1995-2000
著者: 藤田, 渉
著者(別表記) : Fujita, Wataru
発行日: 2007年 3月23日
引用: 東南アジア研究年報. 2007, 48, p. 1-36
抄録: This paper deals with 3-stage vertical specialization share (VS) originally introduced by Hummelsa et al. (2001) and extended by Fujita (2006a) . I calculate segmentalized elements of the enhanced VS model matrix using IDE-JETRO Asia International Input-Output Tables in 1990, 1995 and 2000 now available. Each of these elements has the information about export sector, export destination (country and sector) and inducted import origin (country and sector) Especially, the growth of Electronics and Electronic Products sector's VSs are remarkable and I breakdown them into the factors, as export/gross output ratio and import dependency of intermediate goods by industrial sector and import induction ratio caused by the character of total industrial structure. As a result, some aspects of the inter-mediate goods trade structure of Asia in the sector are obtained.
記述: 本稿は、『研究論文集-教育系・文系の九州地区国立大学間連携論文集-』編集委員会による査読の結果、修正して『研究論文集-教育系・文系の九州地区国立大学間連携論文集-. 2008,vol.1, no.1』に掲載された。
キーワード: trade / fragmentation / vertical specialization / input-output analysis / Asia
URI: http://hdl.handle.net/10069/9815
ISSN: 05471443
関連リンク : http://hdl.handle.net/10069/15731
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第48集

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/9815

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace